太る原因について

太っている人の特徴は?太っている人の性格はどうなの?

自分ではダイエッターのつもりでも全く痩せない。はたから見ると痩せる気がないように見える・・・こんな人いませんか?

頑張ってダイエットに励んでいるけど結果が出ない人は何がいけないのでしょうか?一つには太っている人の特徴で、自分に甘いということがあります。それはダイエットにはとてもよくないことなんです。

同じような食事をしていても痩せる人と、太る人がいます。果たして本当に同じ内容なのでしょうか。唐揚げや天婦羅トンカツやフライドポテトやチキンナゲット。油を使った揚げ物には大量の脂質が含まれています。

脂質には糖質とともにカロリーが多く脂肪に変わりやすい性質があるんですね。また、食べてすぐさらにまた間食をする人がいます。お菓子、デザートなどこれまた甘いものを摂取する。太っている人は決められた時間以外にも何かしら食べていることがあるんですよ。

早食いの人も太りやすいんです。しっかりと噛んで最低でも15分は食事に時間をかけるようにしましょう。血糖値が上がり切らずに満腹感を得られないことでさらに食べてしまう原因になるんです。

基本的に食事は1日に3回決まられた時間に朝昼晩食べれるのが理想ですが、それ以外の間食をとるとやはり太る原因になりますね。注意しましょう。さらに食事の回数が少ないこともまた太る原因になるんです。

食事の回数が少ないと逆に体は、エネルギーが入ってくる回数が少ないから省エネモードでエネルギーを使うようになります。食事回数が少ないのに1食の食べる量やカロリーがとてつもなく多いとそれも太る原因になるんですね。

遅い時間の食事にも注意しましょう。人間の体は体内時計があり、夜の22時以降は消化器官が動きにくくなるんです、あまり遅い時間に食事を摂ると消化しにくく、脂肪に変わりやすいです。

また、炭水化物の摂り過ぎには注意しましょう。夜あと寝るだけなのにラーメン、うどん、白米やパスタなど食べてはいけません。サラダやタンパク質の肉類だけで満腹にならないようにしておきましょう。

これらを気にしておくだけでも、太る原因は減らすことができますよ。

活性酸素について

活性酸素が増えることは身体には良くないってあなたは知っていましたか?

しみやしわのような老化現象や、癌や動脈硬化などの生活習慣病の原因になるとして注目されているんです。活性酸素は物質を酸化させる力のある酸素のことです。

人間は呼吸によって多くの酸素を肺から体の中に送り込んでいます。その多くの酸素のうち2%くらいは活性酸素になるんです。活性酸素は殺菌力があるので、身体の中で抵抗力を強くする効果があります。

しかし、活性酸素は増えすぎると細胞や遺伝子を酸化させて弱らせてしまう性質があるんですね。その活性酸素から身を守るために人間には抗酸化酵素という物質があります。

しかし、その抗酸化酵素は老化とともに効果が弱くなり免疫力が落ちていきます。歳をとると肌荒れやシミが出てきたり、疲れがなかなかとてないなんてのは、活性化酸素のせいなんです。

では、この活性化酸素どのようにすれば減らすことができるのでしょうか?

まずは、たばこを控える、アルコールの飲み過ぎに注意する、運動をする、ストレスを溜めないようにする、紫外線を避けるなどが基本です。

さらに、食生活を見直すことで、活性化酸素を減らすこともできるんです。キウイやトマト、ナッツ類や大豆に含まれるビタミンCやビタミンEは細胞の酸化を抑える働きがあります。

また、赤ワインやブルーベリー、ココアに含まれているポリフェノール、緑茶のカテキン、緑黄色野菜のβカロチンにも抗酸化成分があるのでおススメなんです。

あなたの体を酸化して老化させる活性化酸素には注意しましょうね。