活性酸素について

活性酸素が増えることは身体には良くないってあなたは知っていましたか?

しみやしわのような老化現象や、癌や動脈硬化などの生活習慣病の原因になるとして注目されているんです。活性酸素は物質を酸化させる力のある酸素のことです。

人間は呼吸によって多くの酸素を肺から体の中に送り込んでいます。その多くの酸素のうち2%くらいは活性酸素になるんです。活性酸素は殺菌力があるので、身体の中で抵抗力を強くする効果があります。

しかし、活性酸素は増えすぎると細胞や遺伝子を酸化させて弱らせてしまう性質があるんですね。その活性酸素から身を守るために人間には抗酸化酵素という物質があります。

しかし、その抗酸化酵素は老化とともに効果が弱くなり免疫力が落ちていきます。歳をとると肌荒れやシミが出てきたり、疲れがなかなかとてないなんてのは、活性化酸素のせいなんです。

では、この活性化酸素どのようにすれば減らすことができるのでしょうか?

まずは、たばこを控える、アルコールの飲み過ぎに注意する、運動をする、ストレスを溜めないようにする、紫外線を避けるなどが基本です。

さらに、食生活を見直すことで、活性化酸素を減らすこともできるんです。キウイやトマト、ナッツ類や大豆に含まれるビタミンCやビタミンEは細胞の酸化を抑える働きがあります。

また、赤ワインやブルーベリー、ココアに含まれているポリフェノール、緑茶のカテキン、緑黄色野菜のβカロチンにも抗酸化成分があるのでおススメなんです。

あなたの体を酸化して老化させる活性化酸素には注意しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です