セルライトをなくそうぜ!

「太ももやお尻のセルライトを簡単になくす方法」

何となく、入浴前やお風呂上りに、鏡で自分を見ると驚くことないですか?「こんな体だったかな・・・?」って・・・改めて自分をまじまじと見てみると酷い有様でビックリしませんか?若い頃は特にプロポーションには気をつけてじっくりと体を見る時間もあったと思います。

しかし、大人になるにつれてゆっくり鏡で自分を見る時間は減っていきます。「だって忙しいんだもん・・・」皆そうですよね。それが当たり前です。でもそのまま歳をとっておじさんにはなりたくない!

ここでは今回はセルライトについてお話していこうと思ってます。よく見るとボコボコに盛り上がっている部分がありませんか?皮膚の表面がボコボコして見える・・・指で触ってもやっぱりスベスベとは言えない触感・・・これがいわゆる「セルライト」脂肪ですね。

セルライトとは、脂肪に老廃物がくっついて大きく塊になったもののことです。つきやすい部分は主に、太もも、お尻、お腹、二の腕。成人女性の八割はこのセルライトに悩まされているんですね。

欧米では見た目がボコボコしていてオレンジに似ていることから、オレンジピールスキンなんて呼ばれているんです。セルライトは通常の脂肪よりも老廃物がくっついている分固く、なかなか落とすのは難しいのです。

むくみやすい人、冷え性の人、食生活が乱れている人、タバコを吸う人、運動をしない人、ハイヒールを良く履く人なんていう人はセルライトがつきやすいんです。これらの傾向では体の血行、血流が悪くなると脂肪が燃焼されずに、溜まった老廃物と脂肪が結合されてセルライトができやすくなるんですね。

運動不足で、タバコを吸う人は血液の流れが悪くなって、代謝が落ちています。規則正しい生活や、食生活をしていないと脂肪が溜まりやすく、セルライトの原因になりやすいです。注意しましょう。

また、ハイヒールを履くと当然脚の締め付けが強いので、血行不良やリンパの流れが悪くなります。次にセルライトの種類などを紹介していきます。

 

 

 

女性化サプリガイド 最強の女性化サプリはコレだ!

腰回りのダイエットってできるの?

落ちにくい腰回りの贅肉を落とす効果的なダイエット法についてご紹介していきます。贅肉や無駄な肉は体のどこにあっても気になりますよね。年を追うごとにどんどん取れにくくなっていくんです。

太ってしまった体、無駄な贅肉はなかなか落ちないから、タイトなシルエットの服は着る勇気が出ませんよね。くびれなんてとんでもない!浮き輪のように腰回りにグッタリとついた贅肉はどうすればとれるんでしょうか?

ダイエットをしていてもお腹周りの脂肪は一番最後に落ちます。ダイエットをして絞っていってもお腹周りだけはなかなか贅肉は落ちないんですね。だから贅肉を付け過ぎないようにすることがまずは大切なんです。

では、腰回りに贅肉がつく原因を見ていきましょう。

  1. カロリー過多
  2. 姿勢が悪い
  3. 代謝が落ちている

まずは基本的に、摂取カロリーが消費カロリーを上回るとその分のエネルギーが消費されずに、脂肪に変わるんです。そして脂肪に変わりやすい、脂質は控えるようにしましょう。糖分もそこそこの方が望ましいです。

姿勢が悪いと背中や腰回りの筋肉が衰えて、代謝が落ちます。そして血行も悪くなり結果、腰回りにベッタリと脂肪がつくことになるんです。椅子に座っている時も姿勢を正しく座って、腰や背中の筋肉を緊張させるようにしましょう。

そして基礎代謝を上げるために、背中のストレッチや軽い運動。そして座る時も背筋を伸ばしてお尻に力を入れて座るようにしましょう。この意識だけでもだいぶ変わってきますよ。

腰回りの贅肉を落とすために効果的なことは、ジョギングもいいですがスクワットが最適なんです。足腰の筋肉が鍛えられて無駄な脂肪が落ちます。またヨガもいいです。腰のストレッチにもなるし、血行が良くなって脂肪が燃焼しやすくなります。

これらを参考に、腰回りの無駄な贅肉を落とす腰回りダイエットを是非やってみてください。毎日コツコツ続けることで必ず成果が出ます。焦らずじっくり継続しましょう。

背中が痩せないのはなぜ?

ダイエットが上手くいってきても、背中の贅肉が落ちない・・・こんなことないでしょうか?見た目は顔のしわやしみで印象が大きく変わりますが、それ以外にも体型で大きく変わりますよね。後ろ姿も印象を変える大きな要因のひとつです。

体型の維持のため、ダイエットのため、素敵なポロポーションを保つために背中のお肉を落としていきましょう。背中の肉はなかなか自分ではチェックできません。でも他人からはすごく見られているんですね。だから意識して背中は引き締めた方がプロポーションは良く見えるんですよ。

背中に脂肪がつく原因は

  • 加齢
  • 運動不足
  • 姿勢

この3つの原因によるものが大きいです。まずは「加齢」年齢を重ねることに代謝が落ちていって脂肪がつきやすくなります。そして背中は現代の生活ではあまり使うことがないので脂肪がつきやすいんです。

そして意識して欲しいのは立ち方です。猫背では背中の筋肉を上手く使えていないんですね。意識して背中を伸ばして背中がストレッチするようにしましょう。

背中の運動のためにストレッチをしていきましょう。両手を肩に持っていき肘を大きく回しましょう。前後ろ10回づつやっていきます。またここでヨガを取り入れると効果的なんです。ヨガの猫尻のポーズというのがあるのですがそのポーズが背中のストレッチには大変効果的なんです。

そしてバッタのポーズ。これも背中の筋肉が伸ばされていい効果が得られるんです。でも最も効果的なのは毎日、日々姿勢を意識することなんです。日頃から姿勢を良くキープしていることで背中の筋肉がつかれて代謝がよくなります。

姿勢を良くすることで背中の脂肪は減ります。これは姿勢が悪いと骨で体を支えることになっていて骨にもよくありませんし、背中に脂肪もたまります。しっかりと背中の筋肉で体を支えて立つことが本来の立ち方なんです。

息をしっかり吸ってお腹を引っ込めて立ちましょう。肩の肩甲骨を下げて、お尻に力を入れましょう。座る時も背もたれに寄りかからずに背中は起こしておきましょう。こうすることで背中は引き締まり、背中のお肉は減っていきますよ。

ダイエット向けおススメメニュー

よくある大型のスーパーなんかで売っている食材で、ダイエットはできるのでしょうか?一つの量が多いので安く購入できるというメリットが魅力の大型のスーパー。ダイエット用の食材もここで購入すると、コスパが良さそうですよね。

それでは、大型のスーパーで買えるものでダイエット向きのコスパ最強食材を紹介していきます。

実はここで売っているスモークチキンがダイエットに最適なんですね。糖質や炭水化物が少なく抑えられているので、ダイエットの強い味方なんですよ。しかも鶏肉が主原料なのでタンパク質が多く摂れるんです。

スモークチキンはすでに味付け調理されているので、糖質制限ダイエットにも向いているんです。スモークチキンはそのまま食べることもできます。少し焼いても美味しいですよ。

でも脂質は少し多いので食べ過ぎはダイエットには向かないかもしれません。ある程度搾りたい、脂質をカットしたい人は食べない方が良いでしょう。

美味しい食べ方は、サラダにのせてドレッシングをかけて食べるのもいいですね。パスタに絡めて食べるのも美味しそうですよね。

またスモークチキンで炊き込みご飯を作ると実はこれが絶品なんですよ!作り方も簡単です。炊き込みご飯にスモークチキンを混ぜるだけ。これで美味しいので簡単にダイエットできちゃうんですよ。

ただ1キロで販売しているのでひとり暮らしや小食の人はまとめて一気には食べられないので、小分けにして冷凍しておくといいでしょう。また、大型のスーパーでは鶏のささみも大きな袋入りで1キロ販売しているのでお得です。

ささみなので脂質は少なく、タンパク質だけを摂取できます。またサバ缶などもとても安く売っているので買っておくといいでしょう。そして、糖質0麺という画期的な商品もあるんです。

ダイエッターには心強い商品ですよね。この糖質0麺はこんにゃくでできているのでカロリーが0なんですが、味は正直イマイチです。いくら味付けしてもこんにゃくはこんにゃくです。割り切って食べましょう。

いかがでしたか?ダイエット向きの食材を安く購入できるので、一度試してみてくださいね。

太る原因について

太っている人の特徴は?太っている人の性格はどうなの?

自分ではダイエッターのつもりでも全く痩せない。はたから見ると痩せる気がないように見える・・・こんな人いませんか?

頑張ってダイエットに励んでいるけど結果が出ない人は何がいけないのでしょうか?一つには太っている人の特徴で、自分に甘いということがあります。それはダイエットにはとてもよくないことなんです。

同じような食事をしていても痩せる人と、太る人がいます。果たして本当に同じ内容なのでしょうか。唐揚げや天婦羅トンカツやフライドポテトやチキンナゲット。油を使った揚げ物には大量の脂質が含まれています。

脂質には糖質とともにカロリーが多く脂肪に変わりやすい性質があるんですね。また、食べてすぐさらにまた間食をする人がいます。お菓子、デザートなどこれまた甘いものを摂取する。太っている人は決められた時間以外にも何かしら食べていることがあるんですよ。

早食いの人も太りやすいんです。しっかりと噛んで最低でも15分は食事に時間をかけるようにしましょう。血糖値が上がり切らずに満腹感を得られないことでさらに食べてしまう原因になるんです。

基本的に食事は1日に3回決まられた時間に朝昼晩食べれるのが理想ですが、それ以外の間食をとるとやはり太る原因になりますね。注意しましょう。さらに食事の回数が少ないこともまた太る原因になるんです。

食事の回数が少ないと逆に体は、エネルギーが入ってくる回数が少ないから省エネモードでエネルギーを使うようになります。食事回数が少ないのに1食の食べる量やカロリーがとてつもなく多いとそれも太る原因になるんですね。

遅い時間の食事にも注意しましょう。人間の体は体内時計があり、夜の22時以降は消化器官が動きにくくなるんです、あまり遅い時間に食事を摂ると消化しにくく、脂肪に変わりやすいです。

また、炭水化物の摂り過ぎには注意しましょう。夜あと寝るだけなのにラーメン、うどん、白米やパスタなど食べてはいけません。サラダやタンパク質の肉類だけで満腹にならないようにしておきましょう。

これらを気にしておくだけでも、太る原因は減らすことができますよ。

活性酸素について

活性酸素が増えることは身体には良くないってあなたは知っていましたか?

しみやしわのような老化現象や、癌や動脈硬化などの生活習慣病の原因になるとして注目されているんです。活性酸素は物質を酸化させる力のある酸素のことです。

人間は呼吸によって多くの酸素を肺から体の中に送り込んでいます。その多くの酸素のうち2%くらいは活性酸素になるんです。活性酸素は殺菌力があるので、身体の中で抵抗力を強くする効果があります。

しかし、活性酸素は増えすぎると細胞や遺伝子を酸化させて弱らせてしまう性質があるんですね。その活性酸素から身を守るために人間には抗酸化酵素という物質があります。

しかし、その抗酸化酵素は老化とともに効果が弱くなり免疫力が落ちていきます。歳をとると肌荒れやシミが出てきたり、疲れがなかなかとてないなんてのは、活性化酸素のせいなんです。

では、この活性化酸素どのようにすれば減らすことができるのでしょうか?

まずは、たばこを控える、アルコールの飲み過ぎに注意する、運動をする、ストレスを溜めないようにする、紫外線を避けるなどが基本です。

さらに、食生活を見直すことで、活性化酸素を減らすこともできるんです。キウイやトマト、ナッツ類や大豆に含まれるビタミンCやビタミンEは細胞の酸化を抑える働きがあります。

また、赤ワインやブルーベリー、ココアに含まれているポリフェノール、緑茶のカテキン、緑黄色野菜のβカロチンにも抗酸化成分があるのでおススメなんです。

あなたの体を酸化して老化させる活性化酸素には注意しましょうね。